横浜市のコロナワクチン予約が取れないなら、Twitterもチェック 

目次

50歳以上の接種予約は取りやすいのか、取りにくいのか

※この記事は、2021年8月13日の状況をもとにしています。

横浜市の新型コロナワクチン接種予約、高齢者の枠がスタートした時はなかなか予約が取れず大変だったようです。
子どもや孫を総動員して何とか予約できた、ネットはわからないから一日中電話をし続け諦めた、とか。

その後、基礎疾患のある方や高齢者施設等の従事者が優先となり、ようやく8月6日から64歳以下、8月11日から50歳以上、8月16日から40歳以上が申し込めるようになりました。

65歳以上の知人たちから、大規模接種会場の横浜ハンマーヘッドならわりと簡単に予約できたという話を聞いていたので、まあ何とかなるだろうと思っていたら、これがまったく取れない。

横浜市のコロナワクチン接種に関するURL

新型コロナウイルスワクチン接種について(特設ページ)
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/yobosesshu/vaccine/vaccine-portal/

上記URLに、横浜市のワクチン接種についての情報がまとめられています。

横浜市予約専用サイト ★予約はこのURLで行います
https://yokohama.v-yoyaku.jp/login

予約専用サイトから、「予約可能な接種会場のみを対象とします」にチェックを入れて「検索」をクリックします。
出てきた接種会場を選び、「この接種会場を予約」を押すと、カレンダーが出てきます。

ここで、「〇 余裕あり △ 空きあり × 空きなし」が表示され、日にちを選んで予約することになります。
しかし、何度やっても×しか表示されず、何の印もない日にちをクリックすれば、「予約の指定ができない日付です」の表示が出てくるだけ。

これをずっと繰り返していましたが、以下の方法で予約することができました!

予約専用サイトで予約が取れないときに、助けになるかも

Twitterで、予約のキャンセル情報が発信されています。

横浜市の予約専用サイトで△(空きあり)が出ると、その会場と日にちをつぶやいてくれます。
ただし、空きを確認したらすぐに予約専用サイトで予約しないと、すぐに埋まってしまいます。

予約専用サイトと、こちらのTwitterの両方を立ち上げておいて、これ!と思ったらすぐ予約するといいですね。

実際に予約できた時の経験から

横浜市 ワクチン予約 監視ロボさんのツイートで情報をキャッチし、横浜市の予約専用サイトで、その会場を探すコツは、
「接種会場を検索」画面で、「接種会場名」を入力して検索すること、です。

Twitterに出た会場名が、予約専用サイト予約可能な接種会場のみを対象とします」にチェックを入れた状態で検索しても出てこないことが何度もありました。
ここで慌てているうちに予約が埋まってしまうこともあったので、会場名を直接入力して検索することをおすすめします。

個別接種(医療機関での接種)もチェックしよう

8月6日以降は、年齢に関わらず、医療機関での予約受付をしているようです。(医療機関によります)

特にかかりつけの病院などないし、探すのも面倒と思い、はなから個別接種は考えていませんでした。
今はお盆期間でお休みの病院が多いようですが、家の近くで接種したい方、少しでも接種できる可能性を増やしたい方は、個別接種できる病院を探すことをおすすめします。

以下のページの下の方に、各区の医療機関の情報(PDFとテキスト)へ飛ぶリンクがあります。

ここでウェブサイトの情報が記載されていない病院でも、検索して病院のサイトを見てみると、ワクチンの予約システムがある場合も。
しばらく受付ないと書かれていたり、8月の予約は埋まっていたり、19日以降に受付と表記されていたり、病院によってさまざまでした。
いくつか目星をつけた病院のサイトを、お盆明けにチェックしてみるとよいかもしれません。

あわせて読みたい
個別接種(医療機関での接種)について
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる